マラソンベットテニスの賭け方

【期間限定】新規登録ボーナスキャンペーン実施中!!

>>マラソンベットに登録する<<

テニスの賭け方(基本ルール)について

こちらのページではマラソンベットテニスの賭け方を解説しています。

 

その前にテニスの基本的なルールを解説します。

 

ポイント

テニスは、ポイントの取り合いで試合が進行していきます。

 

1ゲームは4ポイントを先取した方が獲得。ただし お互いに3ポイントで同点になったときはデュースとなり、そのあと2ポイント差がつくまでゲームは行われます。

 

1ゲームごとにサーブ権を交代し、先に6ゲーム取った方が1セットを獲得します。

 

(5−5になった場合は7ゲームまで。) 最終的にセット数で試合の勝敗が決まります。

 

ポイントの数え方

サーブをする人から先に数えます。 ポイント ⇒ ゲーム ⇒ セット ⇒ マッチ の順に試合は進行していきます。

 

タイブレーク

タイブレークのシステムは、ゲームカウントが6−6になった場合、7ポイント先取するとセットを獲得できる方式。ただしポイントが6−6となった場合は、2ポイントの差がつくまで行われる。

 

なお、全米オープンテニス以外のグランドスラム3大会では最終セットのタイブレークがない為、2ゲームの差がつくまで試合は行われる。

 

3セットマッチ  女子シングルス/男女ダブルス/混合ダブルス
グランドスラムの女子シングルス、ダブルスでは、3セットのうち、2セットを先にとった方が、勝者となる。

 

5セットマッチ  男子シングルス
グランドスラムの男子シングルスは、5セットのうち、3セットを先にとった方が、勝者となる。

 

テニスコート

縦23.77m。横8.23m。ラインの幅もコートに含まれる。ダブルスの場合は、横10.97m。

コートの種類

【グラスコート】
表面が芝生(グラス)のコート。ウィンブルドンが該当する。

 

【クレイコート】
土(クレイ)のコート。ヨーロッパのテニスコートに多い。全仏オープンテニスが該当する。

 

【ハードコート】
表面がアスファルト、ゴム等の硬い(ハード)コートのこと。全豪、全米オープンテニスが該当する。

 

ポスト:ポストの高さは1.07m。太さは直径15cm以下。
ネット:ネットの高さは中央で91.44cmなければならない。

 

マラソンベットテニスの賭け方

では実際にマラソンベットテニスの賭け方について解説します。
マラソンベット画面左Tennis(テニス)を選択します。

+をクリックするとリーグが表示されます。
画面中央に詳細が表示されます。

一般的な賭け方はどちらの選手が勝つかを当てる賭け方です。

Bagnis, Facundoの勝利にかけたい場合は上図赤枠をクリックします。

画面上部にベットスリップが表示されますので、かけたい金額を入力しPlace Betを入力します。

ベット完了の画面が表示されます。

Printを押すと領収書が表示されます。

それ以外のかけ方は以下を参考にしてください。

 

マラソンベット テニスの賭け方の種類

マラソンベットのテニスの賭け方の種類について解説します。

上の試合に注目します。+をクリックすると賭けの種類が表示されます。

 

Correct Score

正確な結果を当てる賭け方です。

 

Set With Most Games (After 2 Sets)

 

 

To Win Match With Handicap By Games

どちらかの選手にハンディキャップを与えて当てる賭け方です。

 

 

Total Sets Games

トータルのスコアがOver(上)かUnder(下)かを当てる賭け方です。

 

Set Markets

トータルゲーム(セット)が偶数か奇数かを当てる賭け方です。

テニスの賭け方記事一覧

10betではテニス全豪オープンにも賭けることができます。全豪オープンとは毎年1月後半にオーストラリアのメルボルンで開催されるグランドスラム(4大大会)の1つ。オーストラリアは上位選手が多い欧米諸国の真冬とは逆の真夏。欧米諸国の選手は気候の違い、長時間の移動や時差、などが原因で毎年、上位選手の欠場や序盤での敗退が多いようで、クレーコートで開催される全仏オープンと並び番狂わせの起こりやすい大会といわ...